自宅で歯を白くする方法|ホームホワイトニング

歯の黄ばみやヤニを落として歯を白くすることをホワイトニングと言います。 ホワイトニングには歯科医院で行うものと、自分で行うものがあります。 自宅で自分自身で行うホワイトニングをホームホワイトニングと言います。 歯科を受診し、歯のチェックをしてもらった後、自分の歯に合ったマウスピースを作成してもらいます。 専用の薬剤を塗布し、歯に装着します。 毎日2時間程度、約2週間で効果が実感できます。

満足いく白さになるためには、個人差がありますので、1~2ヶ月は継続する必要があります。 自分のペースで、都合のいい時間にできますので、サラリーマンやOLの間で人気上昇中です。 その費用の安さも人気の理由です。

ホワイトニングは審美治療になりますので自由診療ということで保険は適用されません。 クリニックによって費用の差も大きく、かなりの負担になります。 ホームホワイトニングは、歯科受診後は、自分で行いますので、費用負担は少なくて済みます。

また、オフィスホワイトニングは歯科医院で強い薬剤と機器を使い一気に白くしますが、ホームホワイトニングは低濃度の安全な薬剤だけを使って時間をかけて白くしますので、後戻りがしにくく、より自然な白さになります。 低濃度の薬剤ですから、施術に伴う痛みも少なくなっています。

ホームホワイトニングって効果があるの?

ホームホワイトニングは自宅で自ら施術しても安全なように薬剤の濃度を低くしてあるため、1日2時間程度、最低でも2週間以上は行わなければいけません。 満足できる白さを得るには個人差がありますので1ヶ月~2ヶ月ほどかかります。

オフィスホワイトニングの薬剤の濃度に比べると10分の1程度となっていますので、薬剤だけの力で、じっくり浸透させるためには時間が必要なのです。 しかし、その白さの持続はオフィスホワイトニング以上です。

オフィスホワイトニングで一気に白くしてから、その白さを維持するため、あるいは、より白くするためにホームホワイトニングをはじめる方もいます。 ホームホワイトニングの方が白さの限界に近いと言われています。

その白さを維持するための有効なアイテムも販売されています。 歯と同じ成分ハイドロキシナノアパタイトを配合した歯磨き粉です。 ホワイトニング中も、痛みを軽減してくれます。 また、歯の着色予防のためのコーティング剤やトリートメント剤も販売されています。 歯磨き後に、数分塗って軽くゆすぐだけで、着色防止効果があります。

ホームホワイトニングのメリットとデメリット

ホームホワイトニングの大きなメリットは費用の安さと持続性の良さです。 初回はマウスピースを作る必要がありますので、3万円程度かかりますが、後は薬剤の費用5千円程度です。 自分のペースで、都合に合わせてできますので、自分の望み通りの白さが実現できます。 持続時間も1~2年とオフィスホワイトニング比べると非常に長くなっています。

デメリットは、薬剤の塗布から装着、アフターケアまで自分でしなければいけませんので、面倒だということです。 しかも、歯科医ではない個人が行うため、安全面から薬剤は効果の弱いものとなっており、しばらく繰り返し行わなければ効果を実感することはできません。 歯のヤニ取りにおすすめの方法 ステインを除去する歯磨き粉 ヤニ取りにおすすめの歯磨き粉 ステイン除去おすすめ歯磨き粉 ホワイトニング歯磨き粉

早く白くしたいからと、勝手に回数を増やしたり、時間を長くすることはリスクを伴います。 過剰な施術で、知覚過敏になる可能性があります。 歯科医から指導された回数や時間を守ることが大切です。 マウスピースを外した後、30分~1時間は飲食はできませんし、ホワイトニングの期間中は着色しやすいコーヒーや紅茶、ワインなどは控えなければいけませんので、施術回数が多いだけに忍耐も必要です。

更新履歴